前へ
次へ

不動産買取のメリットとデメリット

仲介のケースでは瑕疵担保責任を売主が負うことになります。
しかし、不動産買取になってくると、買主の不動産会社が修復やメンテナンスに関するコストを加味した上で見積価格を示し買い取りとなるので、売主の瑕疵担保責任を免責した契約の取り交わしの中身が少なくありません。
それに加えて買い入れ後再販する買取においては、不動産会社が簡略的な現地確認を実施するだけで内覧の面倒がありません。
ですから、手数が必要ありません。
他にも広告や販売に関する活動がないことから、身近な所に気付かれることなく売却を完結させることができるといったところもポイントと言えるでしょう。
さらに、建物の破損もしくは設備不良などは買取した後不動産会社がメンテナンスを行なうことから、こうした要因によって買取を敬遠されることは数少ないです。
しかしながら、売却をお願いする不動産が再建築不可の物件の場合、販売が簡単ではないことから買取を断られる可能性が考えられますので注意が必要です。

Page Top